HOME>記事一覧>【わかりやすい】五月人形の種類や選び方まとめ

五月人形を飾ろう

最近では、五月人形を飾る家庭は少なくなっています。しかし、男の子のこれからの元気な成長を願ってぜひ五月人形を飾ってみませんか。しかし、五月人形をはじめて購入するときは、何を選べばいいのかわかりませんよね。ここでは、選ぶときのポイントを紹介します。

五月人形を選ぶときのポイントを知っておこう

予算の範囲内か

購入するときの予算を、まずは把握しておきましょう。五月人形は、かぶとだけのタイプや武者人形だと大体3~7万円程度で購入できます。しかし、鎧かぶとなどの本格的なセットであれば、10万円以上と高額になります。5万円前後で抑えたいのであれば、かぶとのみを購入するといいかもしれません。

種類を考えよう

五月人形には、色々な種類があります。武将にちなんだ人形や、童話にちなんだ人形などです。人形が苦手な人がいる家庭は、かぶとのみやキャラクターものの五月人形を考えてみてはいかがでしょうか。

飾る場所のサイズに合うか

五月人形を飾る場所も事前に決めておきましょう。そのスペースの大きさもメジャーで測っておくといいですね。購入してみて、意外と大きくてスペースに入らなかった、なんてことにならないように気を付けましょう。

【わかりやすい】五月人形の種類や選び方まとめ

兜

ランドセルの選び方のポイント

ランドセル選びのポイントとしてデザインはもちろん、「背負いやすさ」と「収納量」、最低限この2つはチェックしておきましょう。6年間毎日背負うランドセルが、背負いづらく、違和感があると学校へ行くのも嫌な気分になってしまいます。購入する前にしっかり背負って、違和感はないかなど確認しておきましょう。ある程度肩ベルトで調節できますが、フィット感があり、背中とランドセルの隙間がないものを選びましょう。また、ランドセルは「A4フラットファイル対応サイズ」と「A4クリアファイル対応サイズ」の2種類があります。前者のほうが大きめで奥行きもあるので、多くの収納が可能なA4フラットファイル対応サイズがオススメです。

五月人形はいつ頃購入して、飾ればいいのか

五月人形は、2月下旬から4月上旬に多く店頭で並びます。子供向けのおもちゃ売り場や、ショッピングセンターの特設コーナーなどでよく見かけるようになります。本格的に選びたい、または人形の知識がなくて不安という人は、ひな人形や五月人形を取り扱っている人形専門店へ行くといいでしょう。五月人形は、4月中旬から、遅くても4月29日の昭和の日までには飾るようにしましょう。また、五月人形を片付ける日にちですが、ひな人形と違って片付ける日に決まりはありません。しかし、節句後できれば早めに片付けることをおすすめします。

広告募集中